2010年 08月 07日
夏の終わりの空と電線
f0217347_7382186.jpg

橋本駅には近くの新築マンションの立て看板を手に持って立っている人が居ます。
今時の炎天下にずっと立っているのだから、あれは大変な仕事ですね。
それに、何時間も同じ場所に立っているというのは、退屈ではないかと思います。
通り行く人を観察したり、時間当たりのはげ頭の割合をカウントしたりして
暇をつぶしているのでしょうか?
そうしている内に日がくれて、一日の終わりにはすっかりはげ頭について詳しくなっているのかなぁなどと想像してしまいます。

にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]

by neopan-ss | 2010-08-07 07:50 | Pranar 50mm f1.4


<< 田んぼの溝      駐輪場から見上げた空 >>