2011年 06月 18日
ソテツ
f0217347_845987.jpg

これも鎌倉文学館の敷地内に有りました、ソテツの木です。
なんだかいかにも高級な感じの佇まいです。
きっと昔は、この場所に招待されること自体が名誉なことだったのだろうと思いました。

人から与えられる名誉と言うのは、その人の胸三寸で自分の処遇がどうにでもされそうで、むなしい感じがします。(まあ上手くやっていかないといけませんけど)
しかしまた、例えば自分が尊敬する人とか、自分が目標としている人から認められると言うのは素直にうれしいです。
モノが分っている人から自分が評価されるとか、そう言う人と価値観を共有するとか言う事は、人の根本的な欲求なのだと思います。

しかし、こういうところに来て招待"される"事にばかり想像が行く事自体、小者な証拠なのでしょう。出来れば招待"する"側になり、人を喜ばせたいものです。

にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]

by neopan-ss | 2011-06-18 08:15 | EF 28mm f1.8 USM II


<< ヤモちゃん      隋道のある道 >>