2011年 07月 23日
偶然に撮れて意図的に選択
f0217347_7465827.jpg

 偶然という言葉には広がりがあり、人により文脈により意味が異なってきますが大抵、主観的な立場から意図しないとか予想されていないと言った心情を表現していると思います。
 この写真は、自分が意図しないで写ったという意味では偶然に撮影されました。しかし、個々の要素、この時間には雨が降っている事は予想され、車は曲がる事を望み、歩行者は道を渡ることを意図し、それぞれの位置関係は直前に予測される物です。ですので、ここで使われる偶然という言葉はただ、特に狙わずシャッターを切ったその行為について、主観的に述べているにすぎません。
 言わば、父親が冷蔵庫に入れておいたチョコレートを、子供が偶然に発見してしまうようなものです。でも、そのようにして偶然見つけたチョコレートはおいしかったりします。

にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]

by neopan-ss | 2011-07-23 08:09 | EF 17-40 f4L


<< ハスの葉      無くしたピアスを思う >>