2011年 09月 11日
地面に落ちる影
f0217347_7144399.jpg

何か重要なことを思いついた記憶は有るのだけれど、それが何だったのか思い出せませんでした。

太宰治の私小説のなかに、ア秋、というものが有ります。内容は、小説のネタにストックしてあるカードをぱらぱらと眺めてゆくと言う物なのですが、中には自分で書いておきながら意味が分らない物も含まれていたりします。
でも、浮かんでは忘れるアイディアを、メモして後で参照できるようにストックしておくと言うのは良いと思いました。

最近の人なら、思いついたことをさっとTwitterで書いてしまうのかもしれません。でもそれだと、よほど意識して書いてゆかないと玉石混在になってしまいます。
アイディアはストックして有る程度寝かしておく方が、その中から良い物だけ使えて良いだろうなと思います。

所で、上記の思いつきなのだけど、結局、トイレの神様と言う歌のタイトルの単語の順序をひっくり返したら別の意味になるなぁと思った、と言う事だったので、別に思い出さなくても良かった、と言うか書かなくても良かったですね。

にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]

by neopan-ss | 2011-09-11 07:22 | Pranar 50mm f1.4


<< 金網と花      カゲロウを食べているクモ >>