2011年 10月 26日
壁のキノコ、他
f0217347_925167.jpg
f0217347_9253314.jpg
f0217347_9254724.jpg

写真の掲示板を見ているとたまに、シャッター音が良いから気持ちが良いとか、悪いから萎えるといった記述を見ます。シャッター音が気に入って買う、と言う人はお金もちだけでしょうが、しかし、カメラを商品として見た場合、写りが良ければ良いと言う物でもなさそうです。

私が使っているPHSのHoney Bee3のシャッター音は当然電子音なのですが、踏むと音が出る子供用の靴のような、ピプーと言う音がします。これがなかなか楽しくて、一眼レフもこの音だったら良いのにとさえ思えます。(5DmarkIIのシャッターのチャージ音と振動があまり好きではないので)

しかし、写りは悪く、この間も光が当たる地面を撮ろうと思ったら、ダイナミックレンジが狭すぎて、まるで極端な増感現像をしたような絵になってしまいました。
それでこのカメラではいきおい抽象表現にならざるを得ないのですが、でもそれは逆に、その範囲で工夫するという楽しみになっています。

それでは、ピプー

にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ

[PR]

by neopan-ss | 2011-10-26 09:47 | HoneyBee3


<< 最近撮影した写真      体育館 >>